*

猫を飼っていた時に見た怖い夢

公開日: : 噛まれる夢

 「18年間、猫を飼っていました。とてもなついていて、夜、寝るときも、同じ布団で寝ていました。ただ、この猫は、人に噛みつくことがありました。いわゆる噛み癖のある猫なのでした。でも、そんなことも、猫のかわいさのひとつになっていました。そして、寝ている時に猫に噛みつかれることがあっても、あまり気にしていませんでした。
 そんなある日、夫が知り合いの人から、小さなカニを生きている状態でもらってきました。そして、わたしは生きているカニをそのまま鍋に入れてゆでたのでした。生きているカニをゆでるなどという経験は初めてでした。はっきり言って、いい気分ではありませんでした。でも、子どもも喜んで、そのカニを食べたのでした。そして、わたしは、生きているカニが必死に鍋から上がろうとする姿が目に焼き付いたまま、眠りについたのでした。
 その日の夜のことでした。わたしは、夢をみていました。その夢の中で、なにか小さな生き物がわたしの足に近づいてきました。そして、わたしの足をおもいっきり噛みついたのでした。痛っと思い、目が覚めてしまいました。本当に痛かったのでした。その時わたしは、昼間ゆでたカニが夢の中に出てきて、自分に噛みついたのだと直感しました。ゆでている時にいい気分がしなかったので、それが夢となって現れたのだと思いました。
 でも、しばらくして、その時の痛みの原因がわかりました。その痛みは、本当は猫に噛みつかれたからだったのです。でも、偶然とはいえ、わたしには怖すぎる夢と痛みでした。今でも、小さなカニを見ると、あの時の光景を思い出してしまいます。そして、こういった経験は、怖い夢となって、あらわれるのだと実感しました。もうあんな夢は見たくないです。」

この夢はまあ大した内容は無いといいますか(笑

要は夢を見ているときに猫に噛み付かれた経験が、そのまま夢の中に現れた、というだけのことですね。

それをたまたまカニのエピソードがあったので、その話と結びつけているだけ、とも言えますね。

なんとも味気ない分析ではありますが(苦笑

関連記事

蛇に噛まれる夢で飛び起きてみたら

「それは海外旅行中にみた夢でした。 旅行先はウズベキスタンの砂漠地帯で、夢の中でも旅の続きをしてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑
株主優待