*

家族で殺し合う夢

「私が今まで見た夢のなかで一番怖かった夢は殺されそうになる夢です。

ただ、自分が殺されそうになっているという夢ではありません。最初は何の変哲もない日常からスタートしました。妙に出てくる人が明るくて、元気で、現実以上に幸せな家族が出てきました。みんなで笑い合いながら楽しく過ごしているうちに、ある日親しくない親類の1人が殺されていました。すぐに警察を呼んで、事情を説明しました。次の日、また親しくない親類が殺されました。毎日毎日、遺体が発見されていくうちに、お互いが疑心暗鬼になっていきました。そのうち、生き残った父、母、兄、私は言い合いを始め、それぞれの部屋にバリゲードを組んで自分の身を守るようになりました。
私は部屋の中で怯えながらも残っている食料を少しずつ食べながら、殺されないように暮らし続けていました。すると、母の声がドアの外から聞こえました。食料が底を尽きてしまい、3日ほど何も食べてないと訴えてきました。最初は拒否をしていましたが、母のあまりの辛そうな声に思わずドアを開けてしまいました。その瞬間、今まで見たことも無いよな怖い形相で私に向かって刃物を振りかざした母が飛びかかってきました。そこで大声で叫んだところで目が覚めました。夢に出てきた家といい、最初に殺された親戚といい、現実とはかけ離れた家や人たちでしたが、起きてからしばらく夢か現実か分からなくて戸惑ってしまいました。なんで親類が次々と殺されてしまったのか、兄や父はどうなったのかなど、自分でも分かりません。母が私の部屋に来たということは、兄と父も殺されてしまったのかなとか考えたりしましたが、それ以来その夢の続きも同じような夢も見ていません。ただ、今でも鮮明に思い出せるぐらい怖い夢でした。」

これは怖い夢ですね。
夢を見て「自分の叫び声で目がさめる」という経験をした方は割といるかもしれませんね。
わたしもしたことがあります。

実の母親に殺されそうになる瞬間に自分の叫び声で目がさめる。

そりゃそんな経験をすれば叫び声もあげたくなるというものでしょう。

次々と親類が殺されるというのはどういうことでしょうか?

おそらく親類が殺される、というのはなんらかの比喩表現なのでしょう。
また母親に襲われる、家族同士で疑心暗鬼になるというのも、夢の象徴的な表現と見て間違いないでしょう。

となると、単純な解釈としてはこの夢を見た方が、夢を見た現実の世界の時点で、心に何らかの不安を抱えていたのかもしれませんね。

そう考えるのが自然でしょう。
死んでいったのが親類である、というのは、この場合の親類たちはあくまで記号的な登場人物にすぎないのかもしれませんね。
つまり死ぬのは誰か他の人でも夢の内容に影響はなかったのかもしれません。

ただ、親類が死ぬということは、夢を見た方の不安が身近なものに起因している、ということの比喩なのかもしれませんね。

家族間で疑心暗鬼というのは、案外そのままの意味なのかもしれません。

つまり、この夢見手の方が家族に何か不信感を抱くような状況にあるのかもしれませんね。

関連記事

多くに人に追いかけられ殺されそうになる夢

「私が過去に見た怖い夢はいくつもありますが、その中でも一番酷かったのは、色んな人が私を殺しに来る夢で

記事を読む

侵入者によって母親が殺される夢

「自分の家に侵入者が入ってくる場面から始まりました。その時は、家族がいることは気付かなかったので、私

記事を読む

no image

友人に殺されそうになる夢を何度も見る

「まず言いたいのは、怖いものが大の苦手です。 夢であろうが現実であろうが、お化け系からリアルな怖さ

記事を読む

【川の夢の意味】友人が刺されそうになって自分が刺される夢

この夢の分析はかなり思い切った推測をしています。 夢の判断というのは常に夢見者の現実の状況を加味し

記事を読む

家族が死ぬ・殺される夢【拳銃で撃たれる】

「自分が殺される夢は見たことがありませんが、家族が殺される夢を何度か見て怖い思いをしました。 舞台

記事を読む

昔金銭トラブルのあった人に殺される夢

「今までいくつも怖い夢を見た経験はありますが、どれも曖昧な記憶でしか残っていなかったりします。

記事を読む

no image

【虫が出てくる夢診断】何度も虫になり自分に殺される夢を見ました

「私は眠る前によく小説を読んだり映画を観るのですが、そのせいか時々とても怖い夢を見てしまいます。

記事を読む

父母兄と家族が刺される怖い夢を見た

「仕事で疲れきって帰って来たので母親が用意してくれた晩御飯を食べずにお風呂に入って何もせずに寝てしま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑
株主優待