*

昔好きだった人と結婚する夢

公開日: : 結婚する夢

「結婚する夢を見ることはたまにあるので様々な体験があります。印象的なのが昔に好きだった人が夢の中で出てくることです。私は大人ですが過去の恋愛に悔しい思いがあります。
結婚する夢の中で私は今の感じで生活をしていました。その時は周囲に何もなくて寂しい感覚でした。しかし、私が出掛けると昔に好きだった人に出会ったのです。その出会いは街中で良く見かける光景の中でした。
街中で異性に出会ったのは偶然のように感じました。しかし、私は相手の印象的な顔と髪の毛を覚えていました。それは間違いなく昔に好きだった人の面影だったのです。
それから私は自然に相手の人と会話をして楽しみました。ここでは過去の思い出が一気に流れるように話をしたと思います。お互いに話をしていると妙に気が合ったので運命的な感覚になりました。
その後はすぐに結婚している光景が浮かび上がりました。実際には子供はいなくて相手と二人きりで生活をしていました。結婚したという強い感覚があって私は不思議でした。
結婚する夢の感想としては懐かしい思いが強かったです。こういった昔の記憶が結婚の夢に結びついているのは面白い感覚です。」


結婚する夢というのはほとんど女性しか見ないようですね。
男性にとってよりも、女性にとってのほうが結婚することの、人生に占める重要度の割合というのは強いものなのでしょう。

どのタイミングで結婚する夢を見るかによっても、結婚する夢の意味は変わってきます。

夢の中ではない、リアルの世界で結婚を控えている女性が結婚の夢を見る場合というのは、結婚に対する女性の不安を表したものであることが多いようです。

女性にとっては結婚は一方通行である、と言います。
昔ほどではないようですが、女性のほうがより相手の男性に対して身を捧げる、という意味合いがまだまだ強いのでしょう。
というより、これは女性の本能に組み込まれたものなのかもしれませんね。

しかし、この夢を見た方の場合は、直近の結婚に対して不安を抱く夢ではありません。

かつて好きだった人と再会し、結婚するという夢です。

このサイトでは散々申し上げていることですが、夢はいつも一枚岩に診断すれば良いというわけではありません。
「蛇」の夢は金運アップの予兆である、というようなことが言われますが、蛇の夢を見たら常に金運に関する夢である、と判断するのは性急であると言えます。

この夢の場合は、結婚の夢というより、過去の好きだった人との恋愛関係が色濃く夢に反映されていると見て間違いないでしょう。

詳しくは書かれていませんが、悔しい恋愛を経験したとのこと。

おそらくこの夢は、その時の体験が元になっているのでしょう。

この夢を見た方は、当時それだけこの男性が好きだったのでしょうね。

夢には癒しの効果が強くあります。
叶えられない願望を、夢の中で叶えてもらえることがあります。

夢は自身の無意識からのメッセージです。
そして無意識は、普段本人がなかなか直視できないことまでもしっかりと受け止めているものです。

また、夢を見る本人が受け入れることのできない現実は、夢の中でオブラートに包んだ状態で夢に見させてくれるものです。
それほどに無意識の配慮というのは優秀なのです。

さて、この夢を見た方は、この過去に好きだった人との恋愛において悔しい思いをした、と書かれてあります。

この方と付き合っていたのかどうかはわかりませんが、悔しい思いをした当初は、その辛い現実を受け入れることが出来なかったのではないでしょうか?

いま申しましたように、無意識は本人が受け入れることの出来ない現実はオブラートに包んで夢に登場させるのです。
さもなくば、そもそも夢に見させることをしません。
本人が受け入れられるようになってから夢に登場させるのです。

もうおわかりかと思いますが、この夢見者が、この失恋をもう充分まっすぐに受け入れることが出来るようになったときに、無意識はこのような夢を見させてくれたのではないでしょうか?

彼と結婚する、結ばれる夢を見ることで、当日の失恋の傷を癒す効果がこの夢にはあったのではないでしょうか?

もしも、失恋直後にこのような夢を見てしまったのであれば、それはむしろ心の傷が深まりかねないことです。
そのようなことは、無意識はしないものなのです。

夢を見終わった後の、「懐かしい感覚だった」というのは、明らかにこの夢見者が夢に対してネガティブな反応を示したわけではないことを物語っていますね。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑
株主優待